1. 日本市場で拡大し続ける“韓国コスメ”はどこまで勢いを増すのか

日本市場で拡大し続ける“韓国コスメ”はどこまで勢いを増すのか

連載 連載 韓国ファッションの今 インタビュー

2018/3/14 (WED) 09:00

 韓国スキンケアブランド「イニスフリー(INNISFREE)」が日本に上陸する。3月16日の表参道の路面店オープンを皮切りに、原宿・渋谷エリアへの出店する予定だ。ブランドは以前にも日本で自社ECサイトを開いていたが2014年2月に閉鎖しており、再上陸の形となる。

 ブランドを運営するアモーレパシフィクジャパンは、既にコスメブランド「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」や「アイオペ(IOPE)」を日本国内で展開している。「エチュードハウス」は2011年11月に東京・ルミネエスト新宿に1号店をオープンして上陸し、6月にオープン予定の広島パルコ店を含めて24店舗を北海道から福岡まで各地方に出店している。ミレニアル世代がターゲットで、原宿の竹下通りだけで2店を構えるほどの人気ぶりだ。

 さらに韓国の本社であるアモーレパシフィック(AMORE PACIFIC)には他にも、ソウル・ファッション・ウイークのメーンスポンサーブランド「ヘラ(HERA)」や日本上陸経験のある「アモーレパシフィック」、「アリタウム(ARITAUM)」などのコスメブランドに加え、「ミジャンセン(MISEEN SCENE)」など韓国で定番のヘアブランドなど28ブランドを抱えている。

 これまでも“韓国コスメ”や“Kビューティ”が日本の若年層を含め人気を集めてきたが、ここへきてさらにその人気に拍車がかかる中、新しく日本市場に参入する韓国ブランドは少なくなく、ライバルも多い。既に成功している「エチュードハウス」とはタイプの違う「イニスフリー」を、日本市場でどのように拡大していくのか。また、抱える28ブランドは日本市場に乗り込んでくるのか。「WWD JAPAN.com」が韓国本社の金哲(キム・チョル)アモーレパシフィックシニアバイスプレジデント・イニスフリー グローバルディビジョン代表と、林正浩(イム・ジョンホ)アモーレパシフィックジャパン代表取締役に行ったインタビューでは、同社の展望が見えてきた。

WWD:「エチュードハウス」は既にかなり拡大しているが、「イニスフリー」が日本進出を決めた理由はなにか。

金哲(キム・チョル)アモーレパシフィック本社シニアバイスプレジデント・イニスフリー グローバルディビジョン代表(以下、金哲):弊社アモーレパシフィックはさまざまなブランドを持っているが、その中で他のブランドが先行で日本市場に出た。その中で日本市場についてたくさんのことを学ばせていただきいた。今回のローンチはミレニアル世代のトレンドの変化を感じたため。また、日本、中国、アメリカを化粧品市場の3大マーケットと捉えており、そのすべてに準備をしていた。

WWD: ミレニアル世代で韓国ブームが起きていることは要因となっているか。

金哲:もちろんトレンドの影響もなくはないと思うが、弊社は3〜4年前から日本市場の勉強をしてきて、ある程度メドがたったタイミングだった。必ずしもミレニアル世代の人が韓国のブランドを好きだ、という考えは持っていない。彼女たちが好きなものは何かと考えながら、いくつかのキーワードを発信したいと考えている。

WWD:「イニスフリー」が考えるキーワードとは?

金哲:例えば共通して好まれている“自由”や“コストパフォーマンス”、“芯のあるもの”や“グリーンライフ”といったもの。これに加えて“Kビューティー”もキーワードと捉えて、身近な商品を提供したい。

WWD:「イニスフリー」と「エチュードハウス」はブランドイメージがまったく違う。日本市場にどうアプローチしていくのか。

林正浩(イム・ジョンホ)アモーレパシフィックジャパン代表取締役(以下、林正浩):「エチュードハウス」はメイクアップブランドとして打ち出しているので、製品そのものがトレンドを汲むようなものが多い。面白みを持って買い物してもらえるようにしている。「イニスフリー」はスキンケアブランドで、コストパフォーマンスの要素もあるが原料にこだわることで効果・効能を自信を持って紹介できる商品に作っている。どちらも単なるコストパフォーマンスということに頼りすぎず、さまざまな開発をしている。

READ MORE 1 / 1 日本市場での拡大計画とは?

WWD:韓国ブランドへの関心を一過性のものではなく、日本市場に浸透していくために必要な要素は何か。

林正浩:“韓国コスメ”であることを真っ正面に掲げるのではなく、日本のお客さまが何を求めているのか、何が必要なのかを考えながら取り組んだ方がいい。韓流ブームや“Kビューティ”というワードだけで満足させるのは難しいからだ。また、日本のお客さまはコスメに対する意識が高いので、レベルにあった戦略をとるということが必要だと思う。

WWD:「イニスフリー」の今後の日本での拡大は?

金哲:「イニスフリー」はまずブランドイメージを東京で形成したい。それがうまくいけば来年ぐらいから日本全国のお客さまに対して拡大展開したい。具体的には2020年までに「イニスフリー」をできる限り日本全国のお客さまが購入できるよう拡大したいと計画している。

WWD:アモーレパシフィック社のその他のブランドも日本に上陸させるのか。

林正浩:さらなる展開のために人員体制の整備が欠かせないと考えている。日本法人のスタッフがアモーレパシフィックのブランド理解を深め、準備が整えば、他のブランドを進出させたいという考えはある。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true