1. 「マンサー・ガブリエル」が最新コレクションを発表直後に買えるポップアップを日本で開催

「マンサー・ガブリエル」が最新コレクションを発表直後に買えるポップアップを日本で開催

ポップアップ

2018/2/12 (MON) 07:00

 ニューヨーク発ブランド「マンサー・ガブリエル(MANSUR GAVRIEL)」は2月14〜27日、伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイルでポップアップショップを開催する。2月11日にニューヨークで開催された2018年春夏コレクションをそろえる。同コレクションはブランドにとって2シーズン目となる“SEE NOW, BUY NOW”形式での発表で、日本では初めてウエアを販売する。

 同ポップアップショップでは、美しいイタリア産レザーを用いた鮮やかなカラーバリエーションの12型のハンドバッグやシューズに加え、ウエアを15型を販売する。シルクやリネン、コットン、モヘア、クレープといった上質な素材を使用し、イタリアで製造した。価格帯はシューズが5万135〜6万560円、バッグが5万2615〜13万1295円、ウエアが3万9760〜10万9495円だ。

 「マンサー・ガブリエル」は12年にレイチェル・マンサー(Rachel Mansur)とフロリアーナ・ガブリエル(Floriana Gavriel)が設立し、ハンドバッグブランドとしてスタート。シンプルなシルエットのバッグを多様なカラーで展開しており、中でもバケツバッグが人気を呼んだ。16年春夏にシューズ、17-18年秋冬にウエアを加えた。現在ニューヨークに2店舗を構え、ロサンゼルスに新店をオープン予定だ。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    ローズバッドの渋谷本店が閉店へ

    Created with Sketch.
    企業動向閉店・閉鎖
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true