フェラガモ、2017年は減収 ポール・アンドリューのデビューコレクションに期待

決算

2018/2/2 (FRI) 04:30

 サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO SPA)の2017年12月通期決算は売上高が前期比3.1%減の13億9347万ユーロ(約1867億円)で減収だった。

 期末の店舗数は、直営410店舗を含む685拠点。これらの小売りチャネルの売上高は0.8%減の9億533万ユーロ(約1213億円)で、売上高の65%を占めた。一方卸チャネルの売上高は韓国の政治的緊張と日本の卸チャネルの合理化戦略が影響し、同7.4%減となった。

 地域別の売上高は、アジア太平洋地域が同2.1%減、ヨーロッパ地域は同3.6%減、北米地域は同4.2%減で、4番目に市場が大きい日本は、卸チャネルを合理化する戦略をとったため同5.6%減の1億1954万ユーロ(約160億円)、一方、中・南米地域は2.0%増となった。

 商品カテゴリー別の売上高は、シューズが同3.6%減、レザーグッズ&ハンドバッグが同2.4%減、ウエアが同3.9%減だったが、フレグランスは同1.2%増となった。

 17年12月に同社が発表した中長期計画では、「ブランドを刷新し、グループのコマーシャル、生産、物流のプロセスを調整するためにIT投資とマーケティング投資を進める」としている。

 なお、2月の2018-19年秋冬ミラノ・ファッション・ウイークでは男女合同ショーを実施する。メンズラインはギョーム・メイアン(Guillaume Meilland)が担当し、ウィメンズラインはこれまでシューズを手掛けてきたポール・アンドリュー(Paul Andrew)にとってウエアのデビューコレクションとなる。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 幸せに満ちたメーガン妃のブライダルメイクは「ディオール」新ライン

    ブライダルイベント新ブランド・新ライン PR
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  4. LVMH関連会社が運営するシンガポール発エンタメレストラン「セラヴィ」が日本初上陸

    企業動向商業施設企業タッグオープン日本上陸
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false