全事業終了したはずのキットソン、ロサンゼルスで復活!?

企業動向新ブランド・新ライン

2017/12/19 (TUE) 07:00

 キットソン(KITSON)創業者フレイザー・ロス(Fraser Ross)は、12月13日、自身が手掛ける新ストア業態「キットロス(KITROSS)」のロサンゼルス・ロバートソン通り店を、「キットソン キットロス(KITSON KITROSS)」に改名した。ロバートソン通りは「キットソン」がビバリーヒルズにオープンした当時、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)やニコール・リッチー(Nicole Richie)、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)をはじめとする多くのセレブが来店し、パパラッチや買い物客でにぎわっていた通りだ。

 同店舗は前面に“Kitson”のネオンサインが光り、その下に“KITROSS”が続くデザインになっており、ロス創業者が“kitson”の名前を取り戻そうとしているようにも解釈できる。2016年春にオープンした当初、「キットロス」の名前のみだったが、今回ロス創業者により“kitson”が加えられた。これについてロス創業者は「“kitson”は許されない状況で剥奪されてしまったが、当然私が所有するもの」と説明している。

 ロス創業者は16年夏に、キットソンを元最高経営責任者クリス・リー(Chris Lee)によって不正に剥奪されたとして同氏を提訴したが、リー側はこれを否定した。キットソンは15年に破産し、16年に世界でのキットソンの商標権をキットソン CO.LTD.(KITSON CO.LTD.)に一括譲渡している。ロス創業者はさらにキットソンに投資したサルース キャピタル(SALUS CAPITAL)とスペンサー スピリット ホールディングズ(SPENCER SPIRIT HOLDINGS)の関連会社を、キットソンの破綻前に利益を生み出すために店舗の在庫を過度に増やして決算を粉飾したとして提訴。サルース キャピタル側の弁護士は、このような損害は、ロス創業者自身ではなくそのビジネス自体に関わるものとして、この訴訟におけるロス創業者の法的立場は十分でないとしている。なお、本件についての口頭弁論は18年8月15日に設定されている。

 ロス創業者は今後も「キットソン キットロス」の名前で出店を拡大していく予定だ。この名前の由来は、米「サンクスギビング(感謝祭)」期間にロンドンを訪れ、ピューリッツァー賞文学賞を受賞した名作戯曲「グレンガリー・グレン・ロス(Glengarry Glen Ross)」の看板をタクシーから見かけた時に思いついたという。「その看板には『貪欲と腐敗のストーリー』と書かれていた。私のストーリーはこの戯曲のストーリーとよく似ていた」と語っている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 2018年注目のフレグランス15選

    フレグランスコラム
  2. “一人勝ち”状態のイタリア高級紡績メーカーの強さの理由

    企業動向サステイナブルインタビュー
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true