LVMH傘下の投資会社がイスラエルのメイクブランドの少数株式取得

M&A

2017/6/7 (WED) 04:00

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下の投資会社、エル・キャタルトン(L CATTERTON)は、オラン・ホルツマン(ORAN HOLTZMAN)傘下でイスラエル・テルアビブを拠点とするメイクアップブランド「イル マキアージュ(IL MAKIAGE)」の株式35.8%を取得した。取得金額は2900万ドル(約31億円)。

 「イル マキアージュ」は40年以上前にニューヨークで誕生した。店舗とアカデミー事業を組み合わせたビジネスモデルが特徴で、2013年にオラン・ホルツマンに買収された。今回の資金調達により、さらなるビジネス拡大を狙う。

 エル・キャタルトンは、16年に前身のLキャピタル(L CAPITAL)が投資会社キャタルトン(CATTERTON)と合併したことで設立された。同社は最近、ビューティ企業への投資活動を積極的に行なっている。1月には、ココナツオイルをベースにした化粧品ブランド「コパリ ビューティ(KOPARI BEAUTY)」に、モデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss)、俳優のアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)、女優のミラ・クニス(Mila Kunis)、歌手のヒラリー・ダフ(Hilary Duff)と共同出資。3月後半には、スキンケアブランド「トゥーラ(TULA)」に投資した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false