ジル・サンダーがデザイナー夫婦を起用

デザイナー交代人事

2017/4/7 (FRI) 07:30

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」はロドルフォ・パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)=クリエイティブ・ディレクターの後任にルーシー(Lucie)とルーク・メイヤー(Luke Meier)夫婦を起用する。2人は、2018年プレ・スプリングからウィメンズとメンズのコレクションを手掛け、9月に開催される2018年春夏ミラノ・ファッション・ウイーク期間中にメンズとウィメンズのコレクションを同時発表する。

 ルーク・メイヤーはメンズブランド「OAMC」の共同創設者兼デザイナーで、今後は2ブランドに携わる。ルーシー・メイヤーはセルジュ・ルフィユー(Serge Ruffieux)とともに、ラフ・シモンズ(Raf Simons)がアーティスティック・ディレクターを退任した後の「ディオール(DIOR)」で、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)就任までの間、デザインチームを率いた。2人が一緒にデザインするのは初めてだ。

 ルークは「ブランドのDNAを継承しつつ、自分たちの視点を加える。日常でも着られるリアルクローズを作る」と語った。「ルーシーは「母親が『ジル・サンダー』のファンで、よく着ていた。彼女が着ていた『ジル・サンダー』の服をきっかけにファッションに興味を持ち始めた。(創業デザイナーの)ジルが大切にしてきた機能性を重視しつつ、エレガントなコレクションを手掛ける」とコメントした。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false