2017年春夏のハッピーカラーはピンクに決まり!

連載 ミラノ・コレクション

2016/9/29 (THU) 10:45

 2017年春夏ミラノ・ファッション・ウイーク中で最も気になった色は、ピンクです。初日「グッチ」の会場全体を照らす妖艶なムードのピンクライトに始まり、他ブランドでもコレクションのウエアやアクセサリー、インビテーション、モデルのヘアカラーにも、女子心をくすぐるピンクに溢れていました。色合いはさまざまで、ショッキングピンクのような鮮やかな色から、ラベンダーに近い青みがかったピンク、果実のような赤みのあるピンク、ベージュトーンのベビーピンクまで、バリエーション豊富です。

 会場をピンクに染めたのは、「グッチ」と「マルコ デ ヴィンツェンツォ」。同じピンクのライトでも、「グッチ」はラグジュアリーなクラブラウンジにいるかのような妖艶なムード。「マルコ」は白いカーテンとカーペットにスイートな淡いピンクを照らしていました。コレクションはピンクばかりというわけではなくとも、キーカラーとしてショーを引き立てていました。

「グッチ」(左)と「マルコ デ ヴィンツェンツォ」の会場の様子

 ロココ時代のマリー・アントワネットと漫画をインスピレーション源にした「フェンディ」は、淡いベビーピンクやネオンピンクが登場。アイテムごとでトーンを変えたグラデーションのコーディネートは、かわいさ満点です。単色コーディネートに挑戦した「マルニ」のピンクは、くすみがポイント。ベージュと赤の間の2色は、大人でも着やすい新しいピンクです。

「フェンディ」(左)と「マルニ」のバックステージから

 アクセサリーもピンクがトレンド!赤や黄色、オレンジのブラジリアンカラーをテーマにした「バリー」は、薄めのピンクをバッグやシューズの配色のポイントに。アーカイブプリントを生かしたカラーパレットが特徴の「エミリオ・プッチ」は、ジャージー素材のシューズで提案しています。青みがかったネオンピンクに、シルバーのヒールがぴったりです。

「バリー」(左)と「エミリオ・プッチ」の展示会から

READ MORE 1 / 1

 今シーズンは、赤やピンクのヘアカラーのモデルが大活躍しています。レースたっぷりの「ヌメロ ヴェントゥーノ」では、ピンクヘアがアイコンのフェルナンダ・リーと、このために髪をピンクに染めたベリーショートのリナ・ホスが、ピンクのコーディネートで登場!サファリスタイルの「マックスマーラ」でもピンクヘアのウクライナ出身の新人モデル、イヴァ・ヴァーヴァーチャク起用で話題に。

「マックスマーラ」に登場したイヴァ(左)と「ヌメロ ヴェントゥーノ」バックステージのフェルナンダ(写真左)とリナ

 コレクションのヒントになるインビテーションでもピンクを使ったものが多くありました。「ディーゼル ブラック ゴールド」では、ピンクベージュのウエアが中心でした。「ディースクエアード」は、インビテーションと同じ発色の強い黄緑とピンクの配色をキーポイントにしています。

「ディーゼル ブラック ゴールド」(左)と「ディースクエアード」のインビテーション

 どの国よりも色柄使いが得意のミラノ・コレクションから、きっとあなたに合うピンクが見つかるはずです。17年春夏ハッピーカラーの一つになりますように!

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

コレクションランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false