村上隆が国内14年ぶりの個展を開催 初公開作品も多数

news

2014/11/20 (THU) 13:00

 森美術館は2015年10月31日?16年3月6日まで、村上隆の個展「村上隆の五百羅漢図展」を開催する。村上隆が国内で個展を行うのは14年ぶり。主に近年の活動を紹介する展覧会で、日本初公開となる高さ3メートル、全長100メートルの絵画「五百羅漢図」(12年)を中心に、大型の彫刻作品や抽象絵画作品などを展示する。「五百羅漢図」は東日本大震災を機に仕上げられた作品で、村上隆の最高傑作ともいわれている。

 近年は、07年のロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界を巡回した「(C)MURAKAMI」展をはじめ、10年にヴェルサイユ宮殿で「MURAKAMI VERSAILLES」、12年にカタールで「Murakami-Ego」展を開催するなど、海外で個展活動を行っていた。


■村上隆の五百羅漢図展
会期:2015年10月31日(土)?16年3月6日(日)
会場:森美術館(港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 森美術館)
企画:三木あき子(ゲスト・キュレーター)、南條史生(森美術館館長)

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. TSI次期社長に元バーニーズ社長の上田谷氏

    企業動向人事
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false