インフルエンサーを介した新感覚ECモール「ワンダフル」がオープン 簡単な越境ECも可能に

news

2015/7/7 (TUE) 07:30

 デジタル・マーケティングを手掛けるインアゴーラは7月7日、女性に向けたECアプリ「ワンダフル」をローンチした。出店社のアイテムをインフルエンサーがSNS感覚で紹介する新しいECモールとして、年内に国内100万ダウンロードを目指す。

 インフルエンサーはメーカーが登録した商品を撮影し、商品データをタグ付け、「ワンダフル」やSNSを通じて紹介する。ユーザーは閲覧した商品をアプリやウェブ上で簡単に購入ができる。商品を紹介したインフルエンサーには一定のマージンが入るとともに、経費を除く売り上げがメーカーに還元される仕組みだ。まずは100人のインフルエンサーを起用するが、いずれはユーザーのだれもがインフルエンサーとして参加できる環境を目指す。

 また、同アプリは「ワンダフルプラットフォーム」として中国でも展開する。物流や翻訳など、越境に関わる事業を全てインアゴーラが担当し、メーカーにとって簡単に越境ECができるプラットフォームを提供する。

 なお、インアゴーラは、「フォトグリッド」などのアプリ・製品を手掛けるキングソフトの翁 永飆(おう・えいひょう)・社長と、美容家でもある山本未奈子MNCニューヨーク代表が2014年12月に設立した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. メルカリ初のテイクフリーマガジン ファッション感度の高い層がターゲット

    企業動向アプリ・ウェブサイト雑誌・書籍・媒体 PR
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false