1. セレクトショップのリフトで個展「無題の記憶」開催

セレクトショップのリフトで個展「無題の記憶」開催

news

2015/2/7 (SAT) 07:00

 代官山のセレクトショップのリフト・エタージュは個展「無題の記憶」を6月末まで開催する。同展では「アレキサンダー・マックイーン」でテーラーを担当していたハリー・ポンテフラクトと、シューズブランド「チェレヴィチキオトヴィチキ(CHEREVICHKIOTVICHKI)」デザイナーのヴィクトリア・アンドレイヴァの作品を展示している。解体、成形を繰り返し、手刺繍や陶磁の断片をあしらったハリー・ポンテフラクトのドレスや、ヴィクトリアによる古代の染色技術によって染色されたコードバンのシューズなどが展示されている。

 個展開催にあたりハリー・ポンテフラクトとヴィクトリア・アンドレイヴァが来日し、6日にオープニングレセプションを行った。角田正弘リフト社長は「コマーシャルにとらわれずピュアなクリエーションを追求している姿勢に惹かれた。リフトの空間に合う形で作品を紹介できれば嬉しい」とコメント。日本の印象についてヴィクトリア・アンドレイヴァは「今回2度目の来日だが、日本は革新的な技術がある一方で、古い伝統もある。伝統的な技術も忘れないで欲しい」と語った。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    暴動が続くパリ 安全のためブランドや百貨店の臨時休業が相次ぐ

    企業動向商業施設社会情勢
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true