【男の色気とヘアケア連載】「今は『ちょいワル』ではなく、『ちょいマジ』の時代」 干場義雅流のシャンプーと育毛剤の使い方

news

2015/3/2 (MON) 02:30

干場義雅プロフィール:数々の男性誌の編集を経て「LEON」の創刊に参画。ちょいワルブームを作ったあと「OCEANS」を立ち上げ、副編集長兼クリエイティブディレクターとして活躍。「移り変わる流行より普遍的な美しいスタイルを」「多くの粗悪なものではなく少しの良いものを」という哲学を抱え、2010年に「スタイルクリニック」を設立し、代表取締役に就任。女性誌、新聞、テレビ、ラジオ、イベント、ANAの機内誌と連動するECサイトの監修、ブランドプロデュース、雑誌やデジタルビデオマガジンの編集長と幅広く活躍中。

男の色気とヘアケアについて、メンズカルチャーをけん引する3人のファッショニスタに語ってもらう当連載。第1回のゲストは、"ちょいワル"ブームの仕掛け人としても知られ、現在はミドルエイジのためのファッション&ライフスタイルマガジン「フォルツァスタイル」(講談社)の編集長や、ファッションチェックのコーナーや人を素敵に変身させるテレビ番組でもお馴染みの干場義雅・ファッションディレクター。普段のヘアケアから、色気のある男になるための心得、そしておすすめのシャンプー「アンドジーノ(&GINO)プレミアムブラックシャンプー」のことまで、余すことなく語ってもらった。

「WWDビューティ」編集部(以下、WWD):ヘアケアはいつもどんなものを使っていますか?
干場義雅・「フォルツァ スタイル」「セッテ・マーリ」編集長、ファッションディレクター(以下、干場):皮脂はニオイの原因になるし、皮脂が毛穴に詰まると髪が抜ける原因にもなるので、それを残さないものですね。僕のシャンプー選びは、とにかくいかに汚れをきっちり落としてくれるかに尽きます。だから香りがいいとか、見た目だけでは判断しません。例えば、「&GINO」のような本質的なアイテムで、頭皮をきれいにしておかないと、いい髪は生えてこない。僕ももう42歳なので、これからいい年を重ねていくために、こういった毎日のルーティーンこそ大事にするようにしています。

左から「プレミアムブラックシャンプー」「プレミアムグローパワー」

WWD:「&GINO」のシャンプーを使っている理由は?
干場:このシャンプーは「しっかり汚れを落とす」という、シャンプーの"本質"を捉えていますから。「&GINO」はアイテム数が少ない。そこにこだわりを感じますし、潔くて信頼が置けます。初めて使った時、ぬるっとした質感に驚きました。「大丈夫? ベタつかない?」という感じで。でも実際洗ってみたら、すっきりと洗い流せるし、メントールの爽快感も心地いい。この質感と爽快感のバランスが面白いなと思いました。「リンスインシャンプー」というのがありましたが、それとは全く違い、日進月歩で技術革新が進んでいると感じますね。僕は毛穴に残るのがイヤなので、リンスやトリートメントが苦手。だから洗い流して完結というのはありがたい。

WWD:「&GINO」にもありますが、育毛剤はお使いになっていますか?
干場:育毛剤はかなり前から使っています。内容がいちばん重要ですが、意外とノズルも大事だったりします。きちんと適量出るかどうか。たくさん出ると流れてしまいますからね。「&GINO」の「プレミアムグローパワー」は中身もノズルも両方素晴らしいですね。今、男性化粧品は、"本質"に帰ってきていると思うんです。僕はファッションに家一軒分くらいのお金と使っていますが、たどりついた結果もやはり"本質"。髪の将来を託すのに充分すぎる要素だと思うんです。

WWD:毛穴に汚れを残さないため、シャンプー時に気をつけていることは?
干場:シャンプーは2度洗いします。シャワーのノズルもいいものを使って、しっかりした水圧でしっかり洗い流せるようにしています。シャンプーはちゃんと泡立てて、毛穴からきっちり汚れが出るように、軽く頭皮をもむようにして洗います。劣化のスピードを緩やかにするためにも、できることはやろうと思っています。

「今は『ちょいワル』ではなく、『ちょいマジ』の時代」と語る。

WWD:干場流ヘアケアのカギは「清潔感」ですね。
干場:清潔感はいちばん大事!いくら見た目がかっこよくても、ツメが汚かったり、歯が汚れていたり、髪がベタベタだったら、女性が手をつなぎたいとかキスしたいと思うでしょうか?すごく大きな前提だと思います。

WWD:男の色気も、「清潔あってこそ」ですね。
干場:清潔感がないと、恋愛の域に達することさえ難しい。第三ボタンまで開けて、シガーを吸っても臭かったら全然かっこよくないですしね。

WWD:男の色気と聞くと、イタリア人男性を思い浮かべる人は多いと思います。それに比べ、日本男性は色気不足ということはありませんか?
干場:イタリア人は、女性に対して積極的かも知れませんが、日本男性にだって色気はあります。色気って、あからさまにボタンを外すことではなく、人間力からにじみ出るもの。知性や一生懸命さがないと、セクシーにはなれないと思います。

WWD:色気という観点から、髪型や髪の印象はどのくらい重要でしょうか?
干場:大変重要です!髪で印象がガラッと変わりますから。たとえば前髪を下ろしている人が突然髪をかきあげたり、いつもきっちりまとめている人が、セットしていないサラサラの髪で現れたら、女性はドキッとするんじゃないかな。そのギャップはセクシーですよね。やはり「清潔感」あってこそですけどね。今は、美容に限らずファッションも、本質に立ち返ってきちんと大切な原点を見つめ直す時代です。だから言ってみれば、今の時代は「ちょいワル」というより、「ちょいマジ」なのかもしれませんね(笑)。無理してワルをやるのではなく、奥さんや子どもも大事にする人のほうが、今はかっこいいんです。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. こじはるがアパレルブランドをスタート 公式オンラインストアのみで販売

    アプリ・ウェブサイトEC新ブランド・新ライン
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false true